MENU
シリマリンとは

有効成分シリマリンは、健康な肝機能の損傷を予防するとともに、傷ついた肝臓の細胞を再生します。
シリマリン(Silymarin)は、ヨーロッパでは2000年以上も前から肝障害の治療として使用されてきているマリアアザミ(ミルクシスル)の種子に含まれるフラボノイドの一種です。
現在では、ヨーロッパ各国の医療機関においてもシリマリンの効果が認められ、ドイツでは
コミッションE(ドイツの薬用植物の効能に関する公的評価委員会)で、肝機能障害に効果があるとして、毒性肝障害、慢性肝炎や肝硬変への植物性の治療薬として認可されています。

シリマリンの効果

肝臓の働きを保護するシリマリンについて紹介します。特にお酒が好きな人と肝臓は切っても切れない関係があるので必見です。

 

シリマリンの効果

シリマリンは、「マリアザミ」という植物の種子を抽出したサプリメントです。
マリアザミは古来より、肝臓保護のハーブとして使われてきました。シリマリンは肝臓保護において高い能力を持っています。
シリマリンを投与すると、肝臓のタンパク質合成が高まり、肝細胞の転写が盛んに行われるようになります。この働きにより、ダメージを受けた肝臓が再生するのを助けることができるのです。そこで、シリマリンを服用することで、肝臓に対しての効果を紹介します。

 

シリマリンの効果1

肝臓にダメージを与える一因として活性酸素があげられます。活性酸素を抑制する活性酸素除去物質(グルタチオン)を増加させることにより肝臓を保護します。

 

シリマリンの効果2

タンパク質の合成を助け、肝細胞の損傷を防いだり、損傷した細胞を再生させる作用があります。作用によって、肝炎や肝硬変、アルコール性肝障害なども改善されます。
特にアルコールから胃や肝臓を守り、悪酔いの予防、二日酔いの回復を助けるため、酒量の多い方や飲酒の習慣のある方にも効果的です。

 

シリマリンの効果3

体内で合成される抗酸化物質であり、解毒作用を持つグルタチオンの生成を促すことで、肝臓を保護し、肝臓の重要な役割である有害物質の解毒作用を助けます。

 

シリマリンとアナボリックステロイド

シリマリンはアナボリックステロイドの服用中に飲むと非常に効果的です。
アナボリックステロイドは筋肉増強を目的としてドーピングなどで使用されます。主にボディビルダーが服用します。アナボリックステロイドには、たくさんの副作用がありますが、その中にも肝臓機能の低下があります。
シリマリンはその肝臓機能低下を助ける働きがあるのです。肝臓保護に高い能力があり、その事例は他にもあります。
最も危険な毒キノコであるタマゴテングタケを食べた人の死亡率をシリマリンが下げたという事例もあるのです。タマゴテングタケは細胞の再生能力を低下させ、肝臓や腎臓の細胞を死に至らしめる、毒性の高いキノコですが、シリマリンを摂取したことで、通常の治療での死亡率が18.3%だったところを、シリマリンを摂取したことで、9.8%まで下げたのです。
その他にも肝臓関連疾患の死亡率を7.9%も下げたという結果も報告されています。また、アルコール性肝炎の治療においても、成果が認められています。

 

シリマリンの価格

肝臓の働きを助けるシリマリンですが、その効果だけでなく、もちろん価格も気になると思います。そこでシリマリンの価格を紹介します。

商品名 内容量 価格
シリマリン(silymarin)100mg

1本90錠

1929円


シリマリンの副作用

シリマリンは肝臓保護に高い能力を持っているサプリメントですが、服用時の副作用、服用の仕方・注意する人について紹介します。

 

シリマリンの副作用

シリマリンは肝臓保護に高い能力を持っているサプリメントです。
シリマリンは、どの臨床結果においても、高い安全性を示しており、副作用の心配がほとんどなく安心して使えるサプリメントです。
胃腸障害、アレルギー性皮膚炎、便がゆるくなる、下痢、消化不良、腹部膨張感、満腹感、痛み、食欲不振、子宮出血などのまれな副作用が報告されていますが、これらの副作用の率は、有意なレベルではありません。
したがって、副作用の心配はなく摂取できるサプリメントといえるでしょう。また、長期服用でも全く毒性は認められていません。
経口アナボリックステロイド(筋肉増強を目的とした薬)の服用中には、必ず飲みたいサプリメントです。

 

シリマリンの服用の仕方

飲み方は、1日200〜400mgを1日2〜3回にわけて摂取します。シリマリンは医薬品ではなくサプリメントですが、肝臓保護に高い能力があることが認められているため、医薬品として使用すべきではという提案の論文もあるほどです。この論文によれば、「シリマリンは、抗ウィルス能力はないものの、肝臓の自己再生能力を高め、炎症を制御する能力があるので、医薬品としての使用にも耐える」と述べられているのです。
ですが、シリマリンの服用を避けた方がいい人もいるので、次の人は注意が必要です。妊娠中・授乳中の女性、ブタクサ・マリーゴールド・デイジーなどのキク科植物にアレルギーのある方、子宮内膜症、子宮筋腫、乳がん、卵巣がん、ホルモン過敏性疾患の女性、胆石、胆のう疾患、このような症状がある人は服用は避けましょう。